敏感肌の顔がかゆくなる原因はアレルギー?スキンケア対策は?

敏感肌で起こる肌トラブルのひとつに「顔のかゆみ」があります。顔のかゆみが起こる原因には、敏感肌や乾燥肌といったことも関係していますが、アレルギーによるものが多いです。アレルギーによる敏感肌の顔のかゆみを改善するスキンケアとは?

敏感肌の顔のかゆみの原因は?

敏感肌の人は、体だけでなく顔のかゆみを感じることがあります。まずは、敏感肌の顔のかゆみが起こる原因についてお話しします。何が原因で顔のかゆみが起こっているのかを知って、それに合わせたスキンケアや対策をしていく必要があります。

アレルギーによる敏感肌の顔のかゆみ

顔のかゆみが起こる原因で、一番多いのがアレルギーです。特に花粉などのアレルギー物質が多く飛散する春先は、アレルギーによる顔のかゆみが起こりやすくなります。

アレルギーによる顔のかゆみはの原因は一つだけではありません。アレルギーを起こす原因には、花粉以外にも、食べ物や猫、ほこりなど様々です。アレルギーは体内に取り込まれると起こると思いがちですが、肌に触れただけでも肌自体がアレルギー反応を起こしてかゆみを起こします。

アレルギーによるかゆみで大事なのは、何が原因でアレルギー反応を起こしているのかを知ることで、アレルギーに触れないようにすることです。アレルギーは体質改善や、体の免疫力を向上することで緩和することはできますが、完全に完治することは難しいといわれています。

汗による敏感肌の顔のかゆみ

敏感肌の顔のかゆみが起こる原因に「汗」があります。汗がどうして顔のかゆみにつながるのでしょうか?

人の肌の上には必ず菌が棲んでいます。実はこの菌には、腸内環境と同じように善玉菌と悪玉菌がいて、バランス保ちながら棲んでいます。しかし、その菌のバランスが崩れることでかゆみなどの症状が起こるのですが、その原因が「汗」なのです。

汗には皮脂が含まれているのですが、この皮脂は空気に触れることによって酸化します。汗が酸化することで起きるのが肌の性質変化です。肌は通常は弱酸性なのですが、酸化した皮脂が肌につくことで肌がアルカリ性に変わります。肌がアルカリ性になると、肌にいる菌のバランスが崩れ、敏感肌なるのです。敏感肌はちょっとした刺激でも過剰に反応をしてかゆみなどの症状を起こしやすなります。

汗をかくことは体に悪いことではないので、汗をかいたら参加してしまう前にすぐにふき取るようにしましょう。

ストレスによる敏感肌の顔のかゆみ

顔のかゆみの原因として、あまり知られていないのがストレスです。ストレスは体全体のバランスを崩してしまうだけでなく、体にさまざまな不調をおこしやすくします。うつ病など精神的な症状が出ることもあれば、体が痛くなったり、かゆみを感じたりということも起こります。

敏感肌のスキンケア対策は保湿

顔のかゆみを起こす原因にはアレルギーや汗、ストレスなどがあるとお伝えしましたが、そういった原因からかゆみを起こしやすくする原因のひとつに「乾燥」があります。肌は乾燥してる状態になると、外部からの刺激から肌を保護しているバリア機能が低下します。そのため、外からの刺激をうけやすくなり、かゆみに繋がっていくのです。

また、顔のかゆみを感じて、顔をかいてしまうと、肌を傷つけてしいます。肌に傷がつくとそこから肌の水分が逃げて、より肌が乾燥してしまいます。敏感肌の場合は、もともと肌のバリア機能が低下していて、ちょっとしたことでも、刺激になり肌も乾燥しやすくなっています。敏感肌と乾燥の相乗効果でよりかゆみを感じやすくしてしまっている状態です。

保湿ケアをすることが、肌のバリア機能を助けてくれ、アレルギーなどの外的刺激から肌を守り、かゆみなどの症状を改善することができます。敏感肌やアレルギーからの肌の乾燥や顔のかゆみは、毎日の保湿スキンケアで対策していきましょう。乾燥肌のスキンケア対策については、乾燥肌の顔のかゆみを軽減するスキンケアに関する情報サイトをご覧ください。

SNSでもご購読できます。