アレルギー

アレルギー体質?アトピーなどの敏感肌はどうして起こる?

アレルギーやアトピー性皮膚炎に悩む人は年々増加傾向にあります。アトピーなどアレルギーによる敏感肌が起こる原因は、アレルギー体質だけではありません。そんなアトピー性皮膚炎を発症するメカニズムについてお話しします。

アトピー性皮膚炎の発症メカニズム

アトピー性皮膚炎というのは、アレルギー体質が遺伝して起こっているものと思われがちですが、実はそれだけではありません。

アトピー性皮膚炎を発症する要因には、

・アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)
・アレルギー体質
・肌のバリア機能の低下(敏感肌)

の3つがあります。この3つの要因が重なることでアトピー性皮膚炎を発症します。

この3つの要因について詳しく説明していきます。

アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)

アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)というのは、ほこりやダニ、花粉、食べ物、金属など。
人によって、どのアレルゲンによってアレルギーを引き起こすかは違がいます。
なるべく、アレルギーを引き起こす原因物質をみが起こる原因を体に取り込まないようにすることが必要です。

しかし、食べ物などは食べないようにすることで、アレルギーを抑えることはできますが、
ほこりやダニ、花粉など、空気中に存在するものを避けるというのは難しく、アレルゲンを完全に取り除くことはできません。

アレルギー体質

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーを引き起こす要因として、アレルギー体質があります。
アレルギー体質というのは体の免疫細胞が大きく影響しています。

体の免疫細胞には「ウイルスに反応する免疫細胞(Th1)」と「アレルギーに反応する免疫細胞(Th2)」があります。
アレルギーに反応する免疫細胞(Th2)が増えることで、体内の入ってきたアレルゲンに対して過剰に体が反応して、
アレルギーを引き起してしまいます。

現代人は、昔と比べて生活環境や衛生環境が良くなったことで、乳幼児期にアレルゲンとの感染する機会が減ったことで、
免疫機能の発達が未熟なため、免疫バランスが崩れやすく、アレルギー体質になりすいという仮説があります。

アレルギー体質の人は、体内の免疫細胞のバランスが乱れ、アレルギーに反応する免疫細胞が多い状態です。
体の免疫細胞のバランスは、バランスの摂れた食事や、生活環境によっても改善することができます。

肌のバリア機能の低下(敏感肌)

敏感肌というのは、肌のバリア機能が低下している状態です。
肌のバリア機能が低下していると、肌の水分は蒸発しやすく、外からのアレルゲンなどの外的刺激が皮膚の中に侵入しやすくなります。
そうなると、肌は乾燥し、アレルゲンが侵入することによって、カサカサかゆみなどのアトピー性皮膚炎の症状が起こりやすくなります。

最近では、大人になってからアトピーを発症する人が増えていますが、
食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどによって、免疫力が低下しアレルギー体質に傾き、敏感肌になっていることと重なっていることが原因です。

体の内側と外側、両方のケアが大切

アトピー性皮膚炎は3つの要因が重なることで発症します。
アレルゲンを取り除くことは難しいですが、アレルギー体質と敏感肌は毎日の生活習慣・スキンケアで改善することはできます。

アレルギーによる肌の症状は、薬を使って一時的に抑えることはできますが、薬で体質が改善されることはありません。
だからこそ、体の内側からは、体の免疫力をつける食生活、生活習慣を心がけ、体の外側からは敏感肌にならないように、毎日のスキンケアでしっかりと肌を守りながら肌本来の力を育てることが大切です。

敏感肌の顔がかゆくなる原因はアレルギー?スキンケア対策は?

敏感肌で起こる肌トラブルのひとつに「顔のかゆみ」があります。顔のかゆみが起こる原因には、敏感肌や乾燥肌といったことも関係していますが、アレルギーによるものが多いです。アレルギーによる敏感肌の顔のかゆみを改善するスキンケアとは?

敏感肌の顔のかゆみの原因は?

敏感肌の人は、体だけでなく顔のかゆみを感じることがあります。まずは、敏感肌の顔のかゆみが起こる原因についてお話しします。何が原因で顔のかゆみが起こっているのかを知って、それに合わせたスキンケアや対策をしていく必要があります。

アレルギーによる敏感肌の顔のかゆみ

顔のかゆみが起こる原因で、一番多いのがアレルギーです。特に花粉などのアレルギー物質が多く飛散する春先は、アレルギーによる顔のかゆみが起こりやすくなります。

アレルギーによる顔のかゆみはの原因は一つだけではありません。アレルギーを起こす原因には、花粉以外にも、食べ物や猫、ほこりなど様々です。アレルギーは体内に取り込まれると起こると思いがちですが、肌に触れただけでも肌自体がアレルギー反応を起こしてかゆみを起こします。

アレルギーによるかゆみで大事なのは、何が原因でアレルギー反応を起こしているのかを知ることで、アレルギーに触れないようにすることです。アレルギーは体質改善や、体の免疫力を向上することで緩和することはできますが、完全に完治することは難しいといわれています。

汗による敏感肌の顔のかゆみ

敏感肌の顔のかゆみが起こる原因に「汗」があります。汗がどうして顔のかゆみにつながるのでしょうか?

人の肌の上には必ず菌が棲んでいます。実はこの菌には、腸内環境と同じように善玉菌と悪玉菌がいて、バランス保ちながら棲んでいます。しかし、その菌のバランスが崩れることでかゆみなどの症状が起こるのですが、その原因が「汗」なのです。

汗には皮脂が含まれているのですが、この皮脂は空気に触れることによって酸化します。汗が酸化することで起きるのが肌の性質変化です。肌は通常は弱酸性なのですが、酸化した皮脂が肌につくことで肌がアルカリ性に変わります。肌がアルカリ性になると、肌にいる菌のバランスが崩れ、敏感肌なるのです。敏感肌はちょっとした刺激でも過剰に反応をしてかゆみなどの症状を起こしやすなります。

汗をかくことは体に悪いことではないので、汗をかいたら参加してしまう前にすぐにふき取るようにしましょう。

ストレスによる敏感肌の顔のかゆみ

顔のかゆみの原因として、あまり知られていないのがストレスです。ストレスは体全体のバランスを崩してしまうだけでなく、体にさまざまな不調をおこしやすくします。うつ病など精神的な症状が出ることもあれば、体が痛くなったり、かゆみを感じたりということも起こります。

敏感肌のスキンケア対策は保湿

顔のかゆみを起こす原因にはアレルギーや汗、ストレスなどがあるとお伝えしましたが、そういった原因からかゆみを起こしやすくする原因のひとつに「乾燥」があります。肌は乾燥してる状態になると、外部からの刺激から肌を保護しているバリア機能が低下します。そのため、外からの刺激をうけやすくなり、かゆみに繋がっていくのです。

また、顔のかゆみを感じて、顔をかいてしまうと、肌を傷つけてしいます。肌に傷がつくとそこから肌の水分が逃げて、より肌が乾燥してしまいます。敏感肌の場合は、もともと肌のバリア機能が低下していて、ちょっとしたことでも、刺激になり肌も乾燥しやすくなっています。敏感肌と乾燥の相乗効果でよりかゆみを感じやすくしてしまっている状態です。

保湿ケアをすることが、肌のバリア機能を助けてくれ、アレルギーなどの外的刺激から肌を守り、かゆみなどの症状を改善することができます。敏感肌やアレルギーからの肌の乾燥や顔のかゆみは、毎日の保湿スキンケアで対策していきましょう。乾燥肌のスキンケア対策については、乾燥肌の顔のかゆみを軽減するスキンケアに関する情報サイトをご覧ください。

アレルギー性敏感肌と敏感肌の違い!その違いでスキンケアが変わる!

「ちょっとした刺激に反応して痛みやかゆみを感じるという」ということから、同じようなものとして考えてしまいがちなの「アレルギー性敏感肌(アトピー性皮膚炎等)」と「敏感肌」。その違いで選ぶ化粧品やスキンケアも変わります。アレルギー性敏感肌と敏感肌の正しい違いとは?

アレルギー性敏感肌と敏感肌の違いとは?

アレルギー性敏感肌と敏感肌はどんなことが共通していて、どんなことが何が違うのか?これを知っているだけで選ぶ化粧品やスキンケアの方法も変わります。

・アレルギーだと思っていたら敏感肌だった
・敏感肌だと思っていたら実はアレルギーだった

ということはよくあるので、それぞれの違いを正しく知ることが大切です。

アレルギー性敏感肌とは?

アレルギー性敏感肌=免疫の異常

アレルギー性敏感肌というのは、ある特定の成分(=アレルゲン)に対して免疫システムが反応することで、かゆみや赤み腫れを引き起こしてしまう肌のことをいいます。

アレルギーの原因となる物質(=アレルゲン)は化学物質、花粉、ハウスダスト、ダニ、金属など、人によってさまざまで、何に対してアレルギー反応を起こしているのかを把握することが大切になります。

アレルギー性敏感肌の場合、アレルゲンにさえ接触しなければ普通の肌と同じなので普通の肌と変わりなくスキンケアができます。極端にいうと、化粧品の塗る量や塗り方など必要以上に気をつける必要もなく、美白やエイジングケアも刺激を心配することなく行うことができます。

敏感肌とは?

敏感肌=肌バリア機能の低下

敏感肌とは肌のバリア機能が低下している状態です。角質層に正常な厚みがなく、外部刺激から肌を守り肌内部の水分蒸発を防ぐバリア機能が非常に弱くなった肌のことです。肌のバリア機能が弱っている肌は、あらゆる外部刺激を受けやすく、かゆみや赤み、腫れを引き起こしてしまいます。そういった肌の状態を敏感肌といいます。

敏感肌は生まれつき角質層が薄い体質(アトピー性皮膚炎の人はこの傾向があります)が原因ということもあれば、乾燥肌が悪化したり、洗いすぎや皮膚を擦るなど、間違ったスキンケアが原因でなることもあります。

特定の成分であるアレルゲンに対してのみ反応するアレルギー性敏感肌と比べて、メイク、衣類、乾燥といった肌に触れる物による刺激はもちろん、体調不良やストレスなど精神的な影響にも敏感に反応してしまい、かゆみや腫れを引き起こしてしまう敏感肌のほうがやっかいかもしれません。

アレルギー性敏感肌と敏感肌を見分ける方法

アレルギー性敏感肌と敏感肌を見分ける方法ですが、以下のような症状がある場合は敏感肌である可能性が高いです。

・頬周辺にかゆみ、赤み、ヒリヒリ感を感じることが多い
・今まで使っていた化粧品が急に合わなくなってしまった
・季節や体調によって普段使っている基礎化粧品に刺激を感じることがある
・体には問題なく使えるのに、顔に塗るとかゆみやヒリヒリ感がある

逆に、以下のような症状がある場合はアレルギー性敏感肌である可能性が高いです。

・掻きむしるほど、あるいは眠れないほどのかゆみがある
・目のまわりや首まわりが赤くなったりかゆみがでる
・過去にアレルギー体質だといわれたことがある
・ひじやひざの内側に湿疹ができやすい

パッチテストでわかる肌荒れ・かぶれの原因

パッチテストを顔と体の2つの部位で行うことでもアレルギーによる反応なのか、敏感肌なのかを見分けることができます。パッチテストを実施して以下のことをチェックしてみましょう。

・体では問題ないのに顔に使うとかゆみや赤みが出る ⇒敏感肌の可能性あり。
・顔・体の両方にかゆみ赤みが出る ⇒アレルギー性敏感肌の可能性あり。

アレルギー性敏感肌の場合、特定のアレルゲン物質に対して免疫システムが反応するので、体のどの部分に触れてもかゆみや赤みがでてくるので顔だけアレルギー反応が起こるということはありません。
※化粧品にアレルゲンが含有されていないかぎりは顔に付けても体に付けてもアレルギー反応は起こりません。

一方の敏感肌は、顔は常に露出しているということや過度なスキンケアの影響もあって、顔のバリア機能だけ低下して敏感肌になっているというケースが多くあります。

パッチテストの必要性

パッチテストはその化粧品を使って肌に刺激がないか、レルギー反応が出ないかを調べるものです。多くの人はパッチテストをせずに新しい化粧品を使っています。しかし、敏感肌の人はそれではいけません。

例えば、制汗剤や日焼け止め、ミネラルファンデーションを使ったときに肌がかぶれたり、湿疹が出る場合、ただの「かぶれ(=接触性皮膚炎)」ではなく「金属アレルギー」の可能性があります。また、きちんと保湿ケアをしているのに肌の状態が全くよくならない、ニキビが改善しなかったのに、試しにアレルギーテストを受けてみたら、歯の詰め物が原因で全身型の金属アレルギーを引き起こしていたことがわかり、銀歯を取り除いたら、肌の状態が良くなったという話は珍しくありません。

パッチテストをしていれば、もっと早くにわかっていたのにというケースは多くあります。なので、慢性的に肌の状態がよくないという人は、アレルギーの有無は絶対に調べるようにしましょう。

敏感肌が及ぼす肌への影響

ここまでアレルギー性敏感肌と敏感肌の違いについてお話してきましたが、この2つの肌トラブルは違うものではありますが、どちらか一方の肌トラブルが発生するともう片方にも影響を及ぼす可能性が高いという関係性があります。

例えば、アレルギー反応によるかゆみで、肌を掻きむしってしまうと肌のバリア機能が壊してしまい敏感肌になることがあります。また、敏感肌も肌のバリア機能が弱った状態で、さまざまな外部刺激に長い間さらされて肌内部に侵入されているうちに、免疫が反応するようになり、アレルギーを発症することがあります。

アレルギー性敏感肌は「免疫システム」に、敏感肌は「肌のバリア機能の低下」に問題があるという違いはあっても、互いに影響を与えやすい肌トラブルであることには違いありません。アレルギーなどにも負けない、肌本来がもっている力を引き出すスキンケアが大切です。まずは敏感肌にさせない毎日のスキンケアを始めましょう。