アレルギー性敏感肌と敏感肌の違い!その違いでスキンケアが変わる!

「ちょっとした刺激に反応して痛みやかゆみを感じるという」ということから、同じようなものとして考えてしまいがちなの「アレルギー性敏感肌(アトピー性皮膚炎等)」と「敏感肌」。その違いで選ぶ化粧品やスキンケアも変わります。アレルギー性敏感肌と敏感肌の正しい違いとは?

アレルギー性敏感肌と敏感肌の違いとは?

アレルギー性敏感肌と敏感肌はどんなことが共通していて、どんなことが何が違うのか?これを知っているだけで選ぶ化粧品やスキンケアの方法も変わります。

・アレルギーだと思っていたら敏感肌だった
・敏感肌だと思っていたら実はアレルギーだった

ということはよくあるので、それぞれの違いを正しく知ることが大切です。

アレルギー性敏感肌とは?

アレルギー性敏感肌=免疫の異常

アレルギー性敏感肌というのは、ある特定の成分(=アレルゲン)に対して免疫システムが反応することで、かゆみや赤み腫れを引き起こしてしまう肌のことをいいます。

アレルギーの原因となる物質(=アレルゲン)は化学物質、花粉、ハウスダスト、ダニ、金属など、人によってさまざまで、何に対してアレルギー反応を起こしているのかを把握することが大切になります。

アレルギー性敏感肌の場合、アレルゲンにさえ接触しなければ普通の肌と同じなので普通の肌と変わりなくスキンケアができます。極端にいうと、化粧品の塗る量や塗り方など必要以上に気をつける必要もなく、美白やエイジングケアも刺激を心配することなく行うことができます。

敏感肌とは?

敏感肌=肌バリア機能の低下

敏感肌とは肌のバリア機能が低下している状態です。角質層に正常な厚みがなく、外部刺激から肌を守り肌内部の水分蒸発を防ぐバリア機能が非常に弱くなった肌のことです。肌のバリア機能が弱っている肌は、あらゆる外部刺激を受けやすく、かゆみや赤み、腫れを引き起こしてしまいます。そういった肌の状態を敏感肌といいます。

敏感肌は生まれつき角質層が薄い体質(アトピー性皮膚炎の人はこの傾向があります)が原因ということもあれば、乾燥肌が悪化したり、洗いすぎや皮膚を擦るなど、間違ったスキンケアが原因でなることもあります。

特定の成分であるアレルゲンに対してのみ反応するアレルギー性敏感肌と比べて、メイク、衣類、乾燥といった肌に触れる物による刺激はもちろん、体調不良やストレスなど精神的な影響にも敏感に反応してしまい、かゆみや腫れを引き起こしてしまう敏感肌のほうがやっかいかもしれません。

アレルギー性敏感肌と敏感肌を見分ける方法

アレルギー性敏感肌と敏感肌を見分ける方法ですが、以下のような症状がある場合は敏感肌である可能性が高いです。

・頬周辺にかゆみ、赤み、ヒリヒリ感を感じることが多い
・今まで使っていた化粧品が急に合わなくなってしまった
・季節や体調によって普段使っている基礎化粧品に刺激を感じることがある
・体には問題なく使えるのに、顔に塗るとかゆみやヒリヒリ感がある

逆に、以下のような症状がある場合はアレルギー性敏感肌である可能性が高いです。

・掻きむしるほど、あるいは眠れないほどのかゆみがある
・目のまわりや首まわりが赤くなったりかゆみがでる
・過去にアレルギー体質だといわれたことがある
・ひじやひざの内側に湿疹ができやすい

パッチテストでわかる肌荒れ・かぶれの原因

パッチテストを顔と体の2つの部位で行うことでもアレルギーによる反応なのか、敏感肌なのかを見分けることができます。パッチテストを実施して以下のことをチェックしてみましょう。

・体では問題ないのに顔に使うとかゆみや赤みが出る ⇒敏感肌の可能性あり。
・顔・体の両方にかゆみ赤みが出る ⇒アレルギー性敏感肌の可能性あり。

アレルギー性敏感肌の場合、特定のアレルゲン物質に対して免疫システムが反応するので、体のどの部分に触れてもかゆみや赤みがでてくるので顔だけアレルギー反応が起こるということはありません。
※化粧品にアレルゲンが含有されていないかぎりは顔に付けても体に付けてもアレルギー反応は起こりません。

一方の敏感肌は、顔は常に露出しているということや過度なスキンケアの影響もあって、顔のバリア機能だけ低下して敏感肌になっているというケースが多くあります。

パッチテストの必要性

パッチテストはその化粧品を使って肌に刺激がないか、レルギー反応が出ないかを調べるものです。多くの人はパッチテストをせずに新しい化粧品を使っています。しかし、敏感肌の人はそれではいけません。

例えば、制汗剤や日焼け止め、ミネラルファンデーションを使ったときに肌がかぶれたり、湿疹が出る場合、ただの「かぶれ(=接触性皮膚炎)」ではなく「金属アレルギー」の可能性があります。また、きちんと保湿ケアをしているのに肌の状態が全くよくならない、ニキビが改善しなかったのに、試しにアレルギーテストを受けてみたら、歯の詰め物が原因で全身型の金属アレルギーを引き起こしていたことがわかり、銀歯を取り除いたら、肌の状態が良くなったという話は珍しくありません。

パッチテストをしていれば、もっと早くにわかっていたのにというケースは多くあります。なので、慢性的に肌の状態がよくないという人は、アレルギーの有無は絶対に調べるようにしましょう。

敏感肌が及ぼす肌への影響

ここまでアレルギー性敏感肌と敏感肌の違いについてお話してきましたが、この2つの肌トラブルは違うものではありますが、どちらか一方の肌トラブルが発生するともう片方にも影響を及ぼす可能性が高いという関係性があります。

例えば、アレルギー反応によるかゆみで、肌を掻きむしってしまうと肌のバリア機能が壊してしまい敏感肌になることがあります。また、敏感肌も肌のバリア機能が弱った状態で、さまざまな外部刺激に長い間さらされて肌内部に侵入されているうちに、免疫が反応するようになり、アレルギーを発症することがあります。

アレルギー性敏感肌は「免疫システム」に、敏感肌は「肌のバリア機能の低下」に問題があるという違いはあっても、互いに影響を与えやすい肌トラブルであることには違いありません。アレルギーなどにも負けない、肌本来がもっている力を引き出すスキンケアが大切です。まずは敏感肌にさせない毎日のスキンケアを始めましょう。

SNSでもご購読できます。