2016年 12月 の投稿一覧

敏感肌にさせない!スキンケアの常識Q&A【クレンジング・洗顔編】

敏感肌にさせない、健康で美しい肌を作るには毎日のスキンケアの積み重ねが大切です!肌トラブルの原因は「肌の汚れ」。1日の肌に溜まった汚れを落とすクレンジングや洗顔についてのスキンケアの基礎問題【クレンジング・洗顔編】にあなたはいくつ答えられますか?

クレンジング編

1日の汚れた素肌をリセット!1日の汚れやメイクをしっかり落とすにはクレンジングが重要になります!正しいクレン方法をマスターしましょう。

①自分の肌に合うクレンジングの選び方は?

A:メイクの濃さとかけられる時間で選びましょう
オイルタイプはメイクが濃い、軽いメイクのときはミルクタイプ、時間をかけてゆっくり落としたい人はクリームタイプ、油分が苦手な人はリキッドなど、メイクの濃さやクレンジングにかけれる時間、使い心地や洗い上がりの好みで選びましょう。また、メイクを落とす力の強いものは刺激が強いので、敏感肌の方は避けましょう。

②塗れた手で使うとどうなるの?

A:メイクを落とす力が落ちる
乾いた手で使うクレンジング剤は水分が加わることで乳化し、クレンジング剤自体が薄まってしまうので、メイクを落とす力が落ちてしまします。

③オイルクレンジングは肌に負担がかかるのは本当?

A:肌が乾燥する可能性があります
オイルタイプは界面活性剤が多く含まれ、肌への負担が大きいといわれています。最近では、良質なオイルを使っているものもあるので一概には言えないのが現状です。ただ、洗浄力が強い分、肌が乾燥しやすくなる可能性があります。心配なら、メイクの濃さに合わせて使い分けをするなど、自分の肌質に合わせて選びましょう。

④メイクを落とすのは何分ぐらい?

A:時間ではありません
メイクの濃さやタイプによって変わるので、時間を決めるのは危険です。メイクはゴシゴシ落とすのではなく、肌をなでるような優しいタッチで、メイクを浮かすように丁寧にクレンジングをしましょう。

クレンジングの仕方
オイルやリキッドタイプは、適量を顔にのばし、頬、額、あごにそれぞれ内から外へ3~5回くるくると円を描くようにします。このとき摩擦は厳禁です。

ミルクやクリームタイプは、指の腹を使って優しくくるくるとなじませて、ファンデーションの色がクレンジングに溶けだしたらOKです。

⑤BBクリームの時もクレンジングは必要?

A:基本的には必要です
BBクリームにも、スキンクリームに近いものからファンデーションに近いものまでいろいろありますが、肌に色がついた時点でクレンジングは必要です!

⑥オイルクレンジングで毛穴のザラつきは取れる?

A:続ければ取れる
最近のクレンジングオイルには、角栓を溶かす効果のあるものがおおいので、小鼻や頬など、気になる部分はくるくるとマッサージをしましょう。ただし、やりすぎると皮がむけたりなどのダメージの原因になるので注意が必要です。

⑦ポイントメイクリムーバーは使うべき?

A:使うべきです
汚れを広げないために、目元の汚れは目元で、口元の汚れは口元で完結させるのが鉄則です。

⑧アイメイクの落とし方は?

A:コットンと綿棒を使いましょう
目元はとくにデリケートな部分です。できるだけ摩擦などの刺激を与えないように、コットンと綿棒を使って丁寧に落としましょう。専用リムーバーを使うのもおすすめです。

アイメイクの落とし方
①コットンの中央に、ポイントメイクリムーバーを帯状に浸します。肌の刺激にならないように量はたっぷりめにしましょう。
②コットンを半分に折り、まつ毛をつまんで10~20秒なじませたら、力を抜いて毛先に向かって滑らせます。
③コットンを折りたたみ、きれいな面を使って下まぶたについたアイラインやアイシャドーの汚れを拭き取ります。
④綿棒をリムーバーに浸して、取り切れないインサイドラインやマスカラを落とします。こすらずに転がすのがコツです。

⑨量を増やせばクレンジング力は上がる?

A:上がりません
クレンジングにはそれぞれ「適量」が設定されています。その量を守ることで肌に負担をかけずにメイクを落とすことができます。量が多すぎると、クレンジング剤を流しきれずに肌トラブルになる可能性もあります。

⑩ふき取りタイプってちゃんと落ちるの?

A:落ちています
同じ面でゴシゴシふかずに、いつもコットンのきキレイな面を使ってふき取れば、汚れがきちんと落ちているのかがわかります。ふき取りタイプは洗い流す必要がないので、疲れているときにはおすすめですが、髪の毛の生え際など落とし忘れのないように注意しましょう。

⑪メイクが色素沈着するって本当?

A:しません
肌に残ったメイクが刺激となって炎症を起こして色素沈着することはありますが、メイクの色素がそのまま沈着することはありません。

洗顔編

正しく洗えているかいないかで素肌に歴然の差がでます!正しい洗顔方法をマスターしましょう。

①ダブル洗顔不要のクレンジング。洗顔はしなくていいの?

A:してはいけません
ダブル洗顔不要ということは、それだけ洗浄力が強いということです。さらに洗顔をすると必要な潤いまで奪ってしまう可能性があるので、しないほうが無難です。

②洗い流すのに保湿効果があるって?

A:バリア機能の低下を軽減
洗顔料やクレンジング剤に含まれる美容成分には、肌のうるおい成分の減少を抑え、次に肌に入る保湿成分などの浸透を助ける働きがあります。

③洗顔料はどう選べばいい?

A:使いやすいものを
泡立てが苦手な人は泡が出てくるタイプ、お風呂で使うなら溶け崩れのないフォームタイプなど、使いやすさで選びましょう。形状による洗浄力や保湿力の違いはほとんどないので自分が使いやすいものを選びましょう。

④朝も洗顔は必要?

A:必要です
朝起きた肌には、皮脂や前夜のスキンケアの油分に加えて、寝ている間にほこりやダニがついています。乾燥肌の人でも朝の泡洗顔は必要です。前日の油分を持ち越さないためにも、朝もしっかり洗顔をしましょう。

⑤正しい泡立て方は?

A:ボウルと泡立て器のイメージを
洗顔は泡で汚れを浮き上がらせるので、しっかり泡立てることが重要です。細かく弾力のある泡をつくるには、清潔な手で時間をかけて丁寧に泡をつくりましょう。決して顔の上で泡立てようとしないようにしましょう。

洗顔の泡立て方
①まずは手をきれいに洗いましょう。手が汚いと泡立たないうえに雑菌だらけの泡になってしまいます

②洗顔料を適量取ったら、一度に水を加えるのではなく少しずつ加えていきましょう。
③洗顔料をのせた手を丸めて、もう片方の手をたてて泡だて器のようにシャカシャカと混ぜます。
④水を加えて混ぜるを繰り返して、ピンピン玉2個分の泡を作ります。水が多いとへたりやすくなるので、水加減も慣れていきましょう。

⑥気が付くとゴシゴシしてます

A:時間がなくてもゴシゴシはやめましょう
早くメイクを落としたい気持ちはわかります。仕事から帰ってきて方に力がはいったまま洗うと、ゴシゴシとこすってしまいがちになります。ゴシゴシは肌への負担になります。洗顔は肩の力を抜いてリラックスして行いましょう。

⑦やさしくってどれぐらい?

A:手が肌に触れないぐらい
洗顔は手ではなく泡で洗うものです。しっかりと泡立てたら、泡を転がすように手を動かします。手は肌に触れていなくても、汚れはしっかり落ちています。

洗顔の仕方
たっぷりの泡を顔全体に広げましょう。決してこすらずに、指の腹で転がすように洗いましょう。小鼻やあご先など、ザラつきがきになる部分は、鼻筋を横に少し倒して指先をくるくるとマッサージするように洗いましょう。

⑧炭酸・酵素・普通の洗顔の違いは?

A:炭酸は血行促進、酵素は毛穴汚れに効果的です
炭酸の泡は毛細血管に働きかけ、血行を促す効果があるのでくすみが気になる人におすすめです。酵素はたんぱく汚れを分解するので角栓などの毛穴悩みが気になる人におすすめです。

⑨キュキュッとした洗い上がりはいいの?

A:気にしなくて大丈夫
あくまで洗い上がりの質感の問題です。つっぱり感を感じないのであれば気にしなくて大丈夫です。ただしどんな洗い上がりでも洗顔後の保湿は重要です。

⑩手とシャワーどっちで洗い流すべき?

A:基本は手で流しましょう
シャワーは体に合わせて温度調節しているので、少し熱くなりがちです。温度が高いと皮脂が流れやすくなるので、人肌程度のぬるま湯を手に取って洗い流しましょう。シャワーで洗い流す場合は水圧などにも注意しましょう。

⑪顔のどこから洗うべき?

A:Tゾーンです
皮脂の量が多いTゾーンやあご先から洗いましょう。乾燥が気になりやすい頬は残りの泡をのばす程度で十分です。洗い過ぎは乾燥の原因になるのでNGです。

肌の汚れをきちんと落とすスキンケア

クレンジングや洗顔で重要なことは肌の汚れをきちんと落とすことです。汚れが落ちてない状態で、次のステップのスキンケアをすると、美容成分の浸透の妨げになります。また、残っている汚れが原因で肌トラブルを招いてしまいます。ただし、しっかり洗おうとゴシゴシこするように洗うのはやめましょう。肌を刺激し、肌バリアを壊してしまいます。やさしいクレンジング、やさしい洗顔をしましょう。

敏感肌にさせない!スキンケアの常識Q&A【化粧水編】

敏感肌にさせない、健康で美しい肌を作るには毎日のスキンケアの積み重ねが大切です!スキンケアの基本は保湿です。その保湿化粧品の主になる化粧水についてのスキンケアの基礎問題【化粧水編】にあなたはいくつ答えられますか?

化粧水編

スキンケアの基本といわれる化粧水について、しっかり攻略しましょう。

①自分に合った化粧水はどう見つける?

A:1に機能、2に感触!
保湿なのか、美白なのか、毛穴対策なのか、まずは化粧水にどんな機能を求めるかが最優先です。それさえはっきりしていれば、あとは好きなテクスチャーで選んで大丈夫です。化粧水だけですぺての悩みを解消しようとするのではなく、あくまで肌を耕すものと心得ましょう。

②コットンは使ってはいけないの?

A:シャバシャバ系はコットン、とろみ系は手
どちらでつけたからといって効果が変わるわけではないので、たれやすいシャバシャバ系の化粧水はコットン、コットンになじみにくいとろみ系は手、というように、使いやすいようにしましょう。ただし、コットンで肌をこすると刺激になるので、優しく使いましょう。

③パッティングの正しいやり方は?

A:下から上へやさしく
毛穴は下を向いているので、そこに入れ込むように下から上へしましょう。決してこすらず風を送るようにやさしく入れ込んでください。水分を抱えて肌がひんやりしたら完了です。

コットンなら
中指と薬指で挟み込み、下から上へ風を送るようにパッティング。たたくのではなく、手首のスナップでやさしく行います。

手なら
余分な力が入らないように、左側は右手、右側は左手で、指の面で軽く触れるように小刻みパッティングを行います。

④肌にすべらせるのとハンドプレス、どちらがいい?

A:どちらもやりましょう
のばすだけでは浸透しないし、プレスばかりするとムラづきになる可能性もあるので、まず顔全体にくまなくのばし、その後手のひらで押し込むようにプレスをします。この2段づけで、潤いが肌のすみずみまで浸透します。

手のひらに化粧水をのばしたら、手のひら全体を顔にそわせるようにとを外へ滑らせてムラなく広げます。顔全体に塗り広げたら、体温を肌の奥へ届けるようにじっくりハンドプレスをしましょう。乾燥しやすい頬は念入りに行いましょう。

⑤パッティングはするほど効果がある?

A:回数は関係ありません
100回パッティングすることが流行ったこともありますが、パッティングを繰り返すと化粧水が気化して逆に乾燥してしまうことがあるうえ、コットンも毛羽立って肌への刺激になってしまいます。コットンがぬれているうちにやめるようにしましょう。

⑥化粧水、化粧液、トナーの違いは?

A:各メーカによる呼び方の違いです。
これと言って厳密な決まりがなく、メーカーによって異なります。一般的にはトナーは肌を清潔にするもの、化粧液は化粧水+アルファの働きを持ったものと解釈されることが多いですが、これも一概には言えません。それぞれの使い方を理解したうえで選ぶようにしましょう。

⑦コットンの選び方を教えて

A:大判で毛羽立ちの少ないものを
大きめで厚みのあるもののほうが、たっぷり化粧水を含むので効率的にお手入れができます。素材にはそこまでこだわらず、肌触りのよさと毛羽立ちの少なさで選ぶことがおすすめです。手の大きさに合わせて持ちやすいサイズのものや、裂けるタイプはコットンマスクにも使いやすいのでおすすめです。

⑧化粧水は冷やすと効果は変わるの?

A:変わりません
肌への感触が変わるだけ、化粧水としての効果は全く変わりません。温度変化に弱い成分もあるので、説明書通りに保管しましょう。お風呂上がりの肌には気持ちいいのはわかりますが、常温の方が肌へのなじみがいいのでそのまま使うほうがいいでしょう。

⑨とろみ系、シャバシャバ、保湿力違いは?

A:ありません
よくある「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」の違いは、あくまで質感の違いです。肌への保湿効果は変わらないものが多いので、肌なじみがいいものを使うことが保湿力アップのポイントです。

⑩ふき取り化粧水って、何をふき取るの?

A:洗顔では取りきれない汚れです
毛穴の詰まりや不要な角質を、やさしく取り去るためのものです。毛穴が詰まりやすい人、ごわつきやくすみが気になる人は取り入れてみましょう。メーカーによっても違いますが、基本は毎日使っても大丈夫なものです。

⑪高いものと安いもの、何が違うの?

A:技術や成分が違います
どちらがいい、悪いということではないのですが、最先端の技術を用いた処方であったり、希少な成分が配合されている、などの理由で値段が高くなっている場合があり、浸
透力を上げるために、成分の分子を細かくしていることもあります。また、高いものは潤いの持続効果が8時間、12時間など、長くキープできることも確認されています。

⑫収れん化粧水って、なに?

A:肌を引き締めるものです
乳液の後に使用するものです。肌(毛穴)を引き締める効果があり、同時に肌をひんやりさせる効果もあります。朝のメイク前に使用すると、テカリが気にならなくなったり、メ
イクくずれの防止にもなります!Tゾーンだけなど、部分使いもおすすめです。

⑬肌に負担がかからないつけ方は?

A:摩擦厳禁!
力を入れて引っぱったりこすったり、摩擦を起こさないことがなにより大事です。これはコットンでつける時も手でつける時も、絶対に守ってほしいポイントです。摩擦は肌バリアを傷つけたり、色素沈着の原因になるので、優しく肌に触れましょう。

強く、こするはNG!
皮膚がよれるほど、ぐっと引っぱるのはNGです。鏡を見ながら、自分のタッチが強すぎないかチェックしながらお手入れをしましょう。

⑭ローションパックと普通につける違いは?

A:保水力が違います!
コットンで肌を密閉しながら水分を肌にチャージできるローションパックは、肌の表面の角質層が、手でつけるよりも水分をより吸収できるという利点があります。ただし、コットンが乾くと肌の水分が逆に取られてしまうので、乾いたらそのままにせずにはずすか、化粧水をつけ足しましょう。

⑮化粧水で保湿が完了したサインは?

A:指先が吸いついたら完了
指先が肌に軽く吸いつくような感覚があれば、次のステップヘいきましょう。ただし、化粧水だけで完壁に潤わせなくていいんです。そのあと美容液や乳液を重ね、スキンケアを最後までした段階でもちっとう潤っていればOKです。

⑯洗顔後何分以内につけるべき?

A:0分!
何分、ではありません。なるべく間をあけずに保湿するように心がけましょう。「落とす」ことと「保湿」することを別々にとらえるのではなく、洗顔→保湿は一連の流れと考えましょう。

⑰なぜお風呂上りすぐに化粧水をつけるの?

A:肌の水分が逃げやすい状態だから
お風呂上りは、顔の皮脂が流され肌が無防備な状態です。無防備な状態をつくらないように、すぐに保湿をしましょう。すぐに化粧水をつけられないなら、洗面台にスプレーやミスト状化粧水を常備して、出たらすぐつけて保湿のつなぎをするのもおすすめです。

スキンケアの基本は保湿です

敏感肌対策のスキンケアで最も重要なのは肌を乾燥させないための保湿です。乾燥した角質層に水分を浸透させるために化粧水の役割が重要になります。化粧水についてしっかりマスターし、潤い健康肌を目指しましょう。

敏感肌にさせない!スキンケアの常識Q&A【基本編】

敏感肌にさせない、健康で美しい肌を作るには毎日のスキンケアの積み重ねが大切です!スキンケアの基礎問題【基本編】にあなたはいくつ答えられますか?知らないとマズイ!今さら聞けないスキンケアの基本知識をおさらいしましょう。

スキンケアの基本

今さら人に聞けないスキンケアの基本知識を、いっきに総ざらいしましょう。

①季節ごとにアイテムは変えるべき?

A:季節によって肌質が変わるならスキンケアも替えるべき!
届になるとカサつく、夏になるとベタつくなど、季節によって肌状態が変わるのであれば、しっとりタイプやさつばりタイブなど使い分けるのがおすすめですが、肌状態が変わらないなら無理にスキンケアを替える必要はありません。

②スキンケアはライン使いすべき?

A:基本はしたほうがいい!
ラインは相乗効果まで考えられて作られているので、ライン使いをしたほうがより速く効果を感じられます。特に美容効果の目的がはっきりしたものは化粧水、乳液、クリームまで、基本のステップはすぺて揃えたほうがいいでしょう。

③化粧品の使用期限は?

A:ものによって違います!
敏感肌向けのものやオールインワンのものなど、製品によって異なります。いつもと違うにおいや質感、肌への刺激を感じたら、すぐに使用をやめましょう。

④肌に浸透するってどういうこと?

A:肌表面の角質層に潤いを与えるということ!
化粧品が浸透するのは肌表面の角質層までです。ここが潤っているかどうかで肌の透明感や質感が変わります。また、蓄えられる水分量にも限りがあります。

角質層とは
皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層で構成されていて、いちばん肌の表にある層の表皮はわずか0.1~0.3mm程度です。表皮自体もいくつかの層に分かれており、化粧品が浸透するのはもっとも上層の角質層のみです。

⑤お金をかけるべきアイテムは?

A:クレンジング剤か美容液!
クレンジング剤を替えるだけで肌の変化を実感するはずです。一度は替えてみる価値あります。最新技術を駆使した
美容液は未来の肌への投資だと思って奮発してもいいかもしれません。

⑥女の人にはスキンケアが必要なの?

A:宿命です!
男性ホルモンの影響で男性のほうが皮脂が出やすいのは事実ですが、男性も女性も肌の構造は同じです。女性はキレイでいたいという思いが強いのかもしれません。女性はキレイでいたいためにスキンケアをするのです。ズバリ宿命です。女性は手をかければかけるほどキレイになれるということを、生まれた時から知っているのです。

⑦スキンケアの正しい使用順序は?

A:基本は軽いものから重いものヘ
(ブースター・拭き取り化粧水) → 「化粧水」 → 「美容液」 → (アイセラム) → 「乳液」 → 収れん化粧水 → 「クリーム」 → (アイクリーム)

油分の少ないものから多いものの順番で使えば間違いありませんが、メーカーや製品によってはイレギュラーなものがあるので説明書をしっかりチェックして使いましょう。

⑧化粧品の種類が多いのはなぜ?

A:あらゆるニーズに応えるため
オールインワンなど、使う人のライフスタイルや好みに合わせて、あらゆる形状、用途の化粧品が作られています。どのアイテムを使うかは自分の肌状態と相談をして決めましょう。

⑨肌断食って本当にいいの?

A:自分の肌状態がわかります
肌に何も塗らずに無防備な状態で外出するのはおすすめできませんが、一晩何も塗らず翌朝の肌の状態を見て、どこが乾燥しやすくどこに皮脂が出やすいのか、自分の肌質を確認することで自分の肌の状態がわかります。

⑩値段と効果は比例するの??

A:そうとは限りません!
高い化粧品はそれだけ研究・開発費や材料費がかけられているということですが、低価格のものでも心地よく使えて効果を感じられたら、肌に合っているということです。、高いものをたまに使うのではなく、安くても毎日続けられることのほうがスキンケアにとっては大切です。

⑪どうして敏感肌になるの?

A:季節・環境・ホルモンバランスなど…
季節の変わり目などに肌がゆらぐのは、湿度や究温の変化はもちろん、環境の変化によるストレスやホルモンバランスの乱れなど、さまざまな原因があります。シャンプーのすすぎ残しや間違ったスキンケアなどにも注意が必要です。

⑫肌質はスキンケアで変わる?

A:かわりません!
乾した肌に潤いを与えたり、毛穴を一時的に引き締めて皮脂の分泌をコントロールすることはできても、化粧品で根本から肌質を変えることはできません。老化の速度をゆるやかにしたり、ゆらぎ肌を安定させたり、バランスをとることは可能です。

⑬年齢で使うアイテムを変えるべき?

A:変えたほうがよい
化粧品でいちばん大切なのは、天然の美容液ともいわれる皮脂膜いかにいい状態にキープするかです。年齢を重ねるごとに皮脂量が減少し、皮脂膜のバランスが崩れやすくな
るので、より油分の多い化粧品を使うようにしましょう。

⑭若い時から高価なものを使うと肌が甘えるって本当?

A:皮脂の分泌量が下がるかも
高価なものに限らず、オイルリッチな化粧品を使っていると、肌が自ら皮脂を出す必要がなくなり、皮脂分泌量が低下してしまうことがあります。化粧品hはできるだけシンプルにして、足りないものを補う程度にしましょう。

⑮いろんな成分の重ねづけで化学反応は起きませんか?

A:起きません!
化学変化が起きるのは成分レベルでの話です。化粧品として完成したもの同士で化学変化が起こることはありえません。化粧品同士の相性によってはカスのようなものが出ることはありますが、肌への影響はありません。

⑯ずっと同じものを使ていて肌が慣れない?

A:自分が慣れるだけ
肌が慣れるというわけではなく、感触や見た目にあなた自身が慣れるだけです。使い続けるうちに肌が慣れて効果力落ちるということはありません。

スキンケアの基本を知ることが大切

「基本的なスキンケア方法って?」「このやり方で正しいのかな?」など、ふとスキンケアを行う際、感じたことはありませんか?自宅で行うスキンケアには、手順ごとにそれぞれ基本の役割があり、きちんと理解して自分の肌に合わせた正しいスキンケアを行うことで、健康な肌を保つことができます。どんなことでも、まず「基本」をしっかりすることが、その道を極めることに繋がります。